忍者ブログ
愛知県清須市にあるGALLERY MIKAWAYAにて個展を開催します。

『Painting things -規則的遊歩-』
2018/1/15(月) - 1/21(日) 13:00 - 20:00
会期中無休 入場無料

  

Google map

ミカワヤさんは基本的には会期中の土・日・月オープンのギャラリーですが、今回の展示では月曜から日曜までのちょうど一週間開場させていただいております。
20:00まで開場しているので仕事終わりなどにも立ち寄っていただければと思います。
名鉄名古屋駅から岐阜・一ノ宮方面急行で7分ほどのところにあるギャラリーなので遠方からのお越しもお待ちしております。

年明け早々ではありますがよろしくお願いします。

拍手[3回]

PR
金沢の橋場町に新しくできたホテル、HATCHi金沢のオープニング企画展『アートツーリズムへの発地』に100号1点を出品します。僕の作品は2階のエレベーターホール壁面に展示してあります。

明日3/16(水) 14:00~21:00の間一般公開しています。19時からはレセプショントークもあります。
作品は3/18~5/29まで展示しています。ご宿泊の際はぜひご覧ください。
詳細はこちら→HATCHi金沢

拍手[0回]

11月は参加する企画が色々あります。よろしくお願いします。

金沢クリエイティブツーリズム 『オープンスタジオデー2015』
金沢市内で制作する作家のスタジオを一般に開放し、自由に見て回るプログラムです。予約不要、参加費が1000円かかります。
巡り方詳細は金沢クリエイティブツーリズムHPからご覧になってください。
僕は金沢美術工芸大学研究所棟4階にあるアトリエを13時から17時まで公開しております。

日時:11月1日(日)、3日(火祝) 

参加作家:猪野屋牧子 木谷洋 小早川眞理子 指江昌克 田中信行 
     中田雄一 古田航也 堀至以 横野健一 寄田茜



『賢ソウナYES man – Pawn Shop Gallery –』
 
石川県金沢市を拠点に2014年より活動を開始したアーティストコミュニティーad:lib企画のグループ展です。
会期:2015年 11/1(日)、6(金)、7(土)、8(日) 13:00 〜 18:00
会場:問屋まちスタジオ2F 〒920-0061 1石川県金沢市問屋町1−90
主催:金沢美術工芸大学 真鍋研究室



『絵画の何か』
名古屋の港まちにできたスペースでのグループ展です。
絵画と立体を制作する作家4人による展覧会です。

会 期:2015年11月13日(金)-12月26日(土)
会 場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F:Exhibition Space
休館日:日曜・月曜・祝日 時 間|11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)
入 場:無料
企 画:佐藤克久(美術家)
    Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
参加作家:川角岳大 小島章義 堀 至以 守本奈央
主 催:港まちづくり協議会

拍手[0回]

展示のお知らせを2つ。

金沢のひがし茶屋街に新しくできたスペースHAAG(ハグ)で開催されるグループ展に参加します。
新作2点を出品予定です。

『百八望夜 静かな川の流れは深い』
会期:2015年10月4日-25日 14:00-18:00 (月曜休廊)
会場:HAAG (〒920-0831 石川県金沢市東山1-12-4) 
オープニング: 10月3日18:00-21:00(500円/per 食事付き)
お問い合わせ: haagkanazawa@gmail.com

参加作家
石田香 稲葉星舟 大山日歩 門阪翔大 神谷麻美 柄澤健介 菊谷達史 クニト 佐直麻里子 杉本憲相 高岡暁 武田雄介 田中拓斗 中島悠輔 土方大 広瀬歩 堀至以 湯本祐生 山中亜衣
curated by よしだぎょうこ@haag


もうひとつは去年も参加した金沢アートグミでの展覧会です。
今年も児童画の一点を模型に起こしています。

『第21回わたしの住みたい家 児童画コンクール イラスト展』
会期:2015年10月4日-12日 10:00-18:00(7日水曜休廊)
会場:金沢アートグミ(北國銀行武蔵ヶ辻支店3階)
tel 076-225-7780

主催=いしかわ21世紀住まいづくり協議会、北陸中日新聞
協力=金沢アートグミ(会場構成)
後援=石川県、石川県教育委員会、住宅金融支援機構北陸支店、(一財)石川県建築住宅センター、コーワの家



よろしくおねがいします。

拍手[2回]

金沢アートグミで今日から開催の展覧会『第20回わたしの住みたい家 児童画コンクール イラスト展』にて児童画を一点立体におこすという形で参加しています。子どもたちの絵と一緒に見て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

担当になった絵に対しての応え方として不安もありますが、描いた子の思い浮かべた家を想像する上での1つの参考として役割を果たすものにはなったのではないかと思います。全然違う!って泣かれる可能性とかも考えると手が止まるので作っている間はもくもくとやりましたが。

保育園のとき油粘土で作ったトリケラトプス、小学校のとき空き箱で作った河童、針金で作ったトカゲなど今までにしてきた工作を制作の中で思い出しました。振り返ってみると夏の終わりにした工作は思い出深いものが多く、今回もまたそのような時期に久しぶりに工作をする機会が得られたのはよかったです。ものを作る上での思考の仕方の確認としてもこのタイミングで工作できたのはよかったです。

大学のアトリエで制作してたのですが一緒にアトリエを使っているクラスメイトのヒントやガラクタの供給なくして完成にはいたれませんでした。クラスメイトありがとう。

なんかブログを書きたくなりつらつら書きました。

工作を終えて今日からは絵をメインに制作です。

拍手[0回]

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
HN:
hori chikai
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/09/15
最古記事
(03/07)
(03/09)
(03/13)
(03/20)
(03/27)

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]